2000年代(平成12年〜)一覧
2000年 1月   事務局のIT化が急速に進む(事務局員1人に対し1台のパソコンが導入される)
 〃 7月   川島康生君会長就任
 〃   例会場内、および委員会会場を全面禁煙
(ただし、控室に喫煙席を若干数設ける)
 〃  〃   RI規定審議会決定により、クラブ定款・細則が大幅に改正された。
・1年度中に4回までクラブ決定により例会を取りやめることができる。
・会員の種類が正会員と名誉会員の2種類になった。
・同一職業分類がクラブ会員数の10%まで認められる事になった。等々、 大幅に規定が緩和された。
2001年 7月   2001〜02年度2660地区ガバナーに実に10数年ぶりに当大阪ロータリークラブから寺田和之君を輩出した。
 〃  〃   文箭安雄君会長就任
 〃   情報システム推進委員会を新設
 〃 11月   東京RCとの交流会、第1回開催
2002年 5月   2660地区年次大会 大阪RCホストを務める 
 〃 6月   公式ホームページ開設
 〃   規定審議会により、「クラブ定款第2条・区域限界」が新定款「第3条・クラブの所在地域」に改正されたに伴い、当クラブ所在地域を「大阪市」とし、国際ロータリー理事会に変更申し出をし承認された
 〃 7月   小林 龍三君会長就任
 〃   2004国際大会国内委員会に小林龍三君が事務総長補佐に就任
 〃 8月   新職業分類が8月理事会で承認
 〃 11月   創立80周年記念例会・家族会
11月22日(金)記念例会および記念家族会開催
2003年 1月   例会卓話をホームページに掲載開始
 〃 7月   岸本 忠三君会長就任
 〃 9月   相愛中学校・高等学校インターアクトクラブ発足
 〃 11月   80周年記念事業・クラブ会報CD-ROM発行
(1922年11月〜2003年6月)
2004年 5月   第95回 国際大会が2640・2650・2660・2680地区合同のホストで開催。5/22(土)〜5/26(水)
会場は、大阪ドーム(開会式・本会議・閉会式)・国際会議場(国際研究会・YEO 他)・リーガロイヤルホテル(友愛の家)。RI公式発表参加国111カ国、45,560名
 〃 7月   平岡 龍人君会長就任
 〃   古田 敬三パストガバナー名誉会員に。
 〃 10月   ロータリー100周年記念特別例会
古田 敬三名誉会員のロータリー在籍50年を寿ぐ会開催。
2005年 3月   愛知万博長久手会場に「ロータリー館」開設
 〃 7月   江崎 勝久君会長就任
 〃 11月   地区インターアクトクラブ(IAC)年次大会を当クラブ提唱の相愛学園IACがホスト
2006年 7月   奥田 務君会長就任
 〃   奥田会長「ロータリーひと口話」(毎月1回)
 〃   例会場での出席確認は、名札の裏にバーコードを貼り付け、読み取る方法を本格的に稼動
 〃   ホームページに「クラブ会員のページ」を新設。2003〜04年度以降のクラブ会報および活動報告書を掲載
2007年 2月   IM第6組 大阪RCホストで開催
 〃 7月   小谷 年司君会長就任
 〃 11月   クラブ創立85周年記念例会・秋の家族会を開催。
ソウルと姉妹クラブ締結25周年。メルボルンRC会長、ソウルRC会長、会員家族を招待。
 〃 12月   大阪市役所横、中之島公園・堂島川畔にバラ園を造成、モニュメント(LSDライト付)を寄贈
2008年 7月   錢高 一善君会長就任
 〃  〃   メルボルンRCとのクラブ間GSEとして若者交換を実施。
7月大阪RAC4名を派遣。
  10月   メルボルンより若者4名メルボルンRC会員家族6名を受入。
10月19日の京阪電鉄中之島新線開通にあわせ、社会奉仕委員会を中心に橋洗い事業に参加。(於:中之島ガーデンブリッジ)
2009年 4月   地区フランスGSEチームのIM第5・6組委員長クラブとして受入れ。
  国際大会記念植樹銘板除幕式挙行
2009年 7月   黒田 章裕君会長就任
※年譜内の太字をクリックすると、詳しい内容がご覧頂けます。
1920年代 /1930年代 /1940年代 /1950年代 /1960年代
1970年代 /1980年代 /1990年代 / 2000年代 /2010年代





(C) Copyright 2002. The Rotary Club of OSAKA, All rights Reserved.